HOME>記事一覧>快適な住環境を生み出してくれる機能がある

木材が持つ強みが豊富

男性

茨城で木の家が注目されるのは、日本で古くから親しまれてきたからだけではなく、メリットも豊富だからです。木には他の素材にはない温かみがあり、独特の匂いもあるので室内空間の雰囲気を高めてくれます。そして木の家の構造は、梁や柱を中心として、その間を埋める形です。つまり基礎の部分さえしっかりしていれば、ある程度のアレンジを加えることができ、幅広い希望に応えることができます。それはもしリフォームが必要になった時にも、増築などの変更がしやすいという強みになるため、長期的に考える人の候補に入りやすいというわけです。

天然の湿度調整機能がある

部屋

木材はある程度の固さがありますが、金属やコンクリートと比べると柔らかい方です。そのためもしぶつかってしまった時も、衝撃が少なく済みます。また木材の表面には小さな穴がいくつも空いていて、湿度が高くなるとその穴である程度の水分を吸収することができます。そして乾燥してくるとその水分を放出するという、天然の湿度調整機能を発揮してくれます。その機能のおかげで、湿度が高すぎることが原因で発生するダニやカビの抑制が期待できます。このような特に工夫を施さなくてもメリットが伴うため、茨城でも木の家は注目されやすいです。

広告募集中